レビトラでEDを恐れない

レビトラの画像とEDを恐れない男性

レビトラはED治療薬として、男性の勃起のメカニズムを正常化させる作用や勃起の持続時間を長く保つ作用があります。レビトラを手に入れてEDを恐れないで臨みましょう。

レビトラは改良品

レビトラは日本で2番目に製造販売が承認された勃起不全治療薬として知られています。この医薬品はしばしば、日本で初めての承認薬となったバイアグラと比較されますが、実際に両者を比較するとレビトラはバイアグラを改良した医薬品であると考えることができます。レビトラの有効成分となっているバルデナフィルと、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルを比較すると、両者は薬効こそ同じであるものの、効果が発現するまでの時間についてはシルデナフィルより若干早いといわれています。これは、バルデナフィルがシルデナフィルより水に溶けやすくなっているためです。また、食事による薬効への影響についても、バルデナフィルはシルデナフィルより小さいと考えられています。ただし、まったく影響が無いわけではないので、余程のことが無い限り空腹時に錠剤を服用することが推奨されています。レビトラは薬効の持続時間もバイアグラより長くなっています。バイアグラの場合は、性行為を行う1時間ほど前に服用しておけば、最大で6時間程度は効果が持続します。レビトラは服用するタイミングがバイアグラと同じですが、10mgタイプであればバイアグラと同じく6時間程度の持続時間しかないのに対して、20mgタイプを服用すれば薬効は10時間程度続きます。効き目が出る速さと、効果の持続時間の長さを両立させたいのであれば、バイアグラではなくレビトラを選択すると良いでしょう。ただし、薬代を安く済ませたいのであれば、レビトラは不向きといえます。バイアグラだと後発医薬品の発売によって1錠あたり1,000円程度で入手することができるのに対して、レビトラを入手するためには1錠につき1,500~1,800円程度の出費が必要となっています。